トップページにもどる

書籍

目力がスポーツを変える 動体視力トレーニング

 優れた視覚なくしてスーパープレーは生まれない。トップアスリートほど目が良い。
訓練次第で速い球が見えるように、相手の動きが見えるように、素早い状況判断ができるように…!視機能を上げればスポーツのパフォーマンスが向上する!
本書ではスポーツに重要な視覚と、それを向上させる手段についてイラストで分かり易く解説しています。トレーニングのゴールデンエイジにある少年少女たち、及び、指導者と父兄の皆様にとくに読んでいただきたい本です。
 
    【目次紹介】
1 ボールが見えればプレーが変わる
目がスピードを生む
目が身を守る
目がプレーを決める
2 スポーツ選手は眼が命
目がレギュラーをつかむ
目がプレースタイルを生む
目が予測する
3 目のゴールデンエイジ
目は成長する
目は鍛えられる
4 視機能を高めるビジュアルトレーニング
認知力を高める
眼球運動の向上
   
書籍名 :目力がスポーツを変える!動体視力トレーニング
監修 :真下一策
出版社名 :成美堂出版
発行年日 :2008年7月
価格(税込) :1,260円
ページ数/版型 :175P 22cm
   
【あとがき:『子どもの「目」が未来を担う』より】
 優秀な選手は、幼い頃からの運動や遊びの中で無意識のうちに「見る力」を身につけ、競技に活かしているといえます。特に発育期の子どもの視覚が大切だったのです。
しかし、今、環境や生活の変化により我が国の子どもたちの視覚がどんどん低下しています。スポーツビジョン研究者として、我が国のスポーツ、中でもボール球技の前途に大きな不安を感じます。
「今からでも遅くない」を念頭に本書をまとめました。「目からウロコ」を感じていただければ幸いです。
   
【スポーツジャーナリスト二宮清純氏が推薦】
 「スポーツ選手が成功するには、見る力…すなわち“視機能”の向上が不可欠である。
“視機能”の重要性を知る上で最適なテキストだ」