スポーツビジョン概要と当協会の歩み

Vトレーニング 特設サイト

 

 

トップページにもどる

 

スポーツビジョン測定

当協会は30年にわたる研究活動を通じて3,500名以上のアスリートのスポーツビジョン測定を実施し、そのデータから統計学をもとに評価基準を設定しました。


この基準をもとに、競技力向上をめざすアスリートを対象に「スポーツビジョン測定・評価」を実施しております。また、その結果に応じ、アドバイスも行います(※)。

 

(※)所要時間は全体で約90分(検査約30分、評価アドバイス約90分)です。

「選手コース」「指導者コース」があり、プロ・アマチュアは不問です。

 

★測定は予約受付となります。
★予約方法等の詳細はコチラ

 

各コース・お申し込みについて(以下よりご希望のコースをクリックしてください)

 予約申し込みフォームはこちらから

 

選手コース

 

指導者コース

 

初回

⇒ 自己の見る能力を数字化し、客観的に見る特性及び総合的な分析を行います。


①スポーツビジョン測定(8項目)
②測定結果報告
③見るメカニズム・見方の解説  
 

合計点 33点

プロ野球選手の
優秀なスポーツビジョン能力例

2回目以降

⇒ 目的・競技種目に応じたトレーニングとアドバイスから競技力向上を目指します。

 

●測定結果が良い人 ⇒ 目的に応じた眼の使い方、見方を考えます。
●測定結果が良くない人  ⇒ 視力補正やビジュアルトレーニングを実施

 

合計点25点→33点

合計点26点→34点


ビジュアルトレーニングによる 改善例

A:動体視力(眼球運動)が重要な種目 ~眼を動かしながらプレーする種目~

球技 高速系…野球、卓球、テニス、バレーボール、バトミントンなど
視野系…サッカー、バスケットボール、ハンドボールなど
モーター
スポーツ
カーレース、ボートレース、オートレースなど

 

B:周辺視が重要な種目 ~プレー中に眼をほとんど動かさない種目~

格闘技 ボクシング、空手、柔道、レスリング、剣道など
陸上・その他 陸上競技、水泳、ゴルフなど

 

AとBでは、プレー中の眼の使い方(見方)が異なります。
種目に応じた見方を理解し活用することが競技力を向上の鍵になります。

 

当協会の研究データから試験に採用されることになった、
競艇試験とオートレース試験の対策コースもあります。

ご利用・ご予約方法

測定のご利用は完全予約制とさせていただいております。

予約申し込みフォーム(上記)にてお申し込みください。
お電話でのお申し込みの場合は、以下についてお教えください。

  1. お名前
  2. 年齢
  3. ご連絡先(ご住所・電話番号)
  4. ご利用人数
  5. 測定の目的

※5名以上のグループの場合は、ご相談ください。
※お電話でのご連絡は、以下「お問い合わせ」まで。

営業時間

10:00~18:00

 

休み:土日祝日

 

※土日祝日に測定をご希望の場合は、ご相談ください。

※お電話でのご連絡は、以下「お問い合わせ」まで。

 

お問い合わせ

TEL 03-3668-4729